投資先としての太陽光発電ーメリット編!ー

 

太陽光発電投資とは、原則20年間発電した電力を一定価格で電力会社に買い取ってもらい、

収入益を得る投資方法です。

一般の多くの方が、投資によって将来のための資産形成を行うようになり、

太陽光発電もその投資先の一つとして注目を集めています。

ここでは、太陽光発電投資のメリットを紹介したいと思います。

 

太陽光発電投資の背景

まず太陽光発電投資が、政府によって進められてきた背景からお話しします。

日本政府は2012年「電気事業者による再生可能エネルギー電機の調達に関する特別措置法」

を施行し、電力会社に太陽光発電の電力の買い取りを義務化しました。

日本のエネルギー自給率の向上、二酸化炭素排出量の削減のために、再生可能エネルギーによる

発電量の増加を目的としてこの法律が定められました。

 

 

固定価格買取制度による安定収入

この政府によって制定された法律によって、電力会社は一定期間(投資目的の場合、20年間)、

一定価格(年度により変動あり)で電力を買い取ることが義務付けられました。

これにより、国が電力会社に一定価格で再生可能なエネルギーで発電した電気の買い取る価格を

約束し、20年間の安定した収入を見込むことができます。

投資先としては、国が担保しているためにローリスクであると言えるでしょう。

 

 

長期的な投資プラン

一般的に投資と言えば、不動産や金融商品などがあります。

しかしこうした商品は投機的な要素も含み、価格が大きく変動することがあります。

そのため、長期的に運用することが難しい場合も多く存在します。

それに比べると太陽光発電投資は、約20年間は買い取り価格が保障されているので、

比較的安定した投資先であると言えます。

初期費用は高いですが、長期的な視点で見たときに強みを発揮する投資先です。

 

 

管理の委託によって、手間がかからない

太陽光発電の設備は、発電量を維持するために、パネルの清掃や設備の点検など

定期的なメンテナンスを必要とします。

しかし、このメンテナンスは業者に依頼することができるので、自分自身で管理をする手間暇を

省くことができます。

管理費などの費用は発生しますが、最終的な収入と支出のバランスを考えると、

有益であると言えるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA