フリーソーラープロジェクトの目的

 

フリーソーラープロジェクトは、住宅用太陽光発電システムの普及推進プロジェクトです。戸建住宅における太陽光発電システムの普及を加速させクリーンエネルギーにより分散型電源の基礎構築を目指します。

 

フリーソーラープロジェクトは、産業用太陽光発電所とは違い一般住宅の屋根の空きスペースを有効活用して再生可能エネルギーを創りだすので、土地確保のための環境破壊や美しい景観を乱すことなく分散型電源を広めていくことが可能です。

 

全国での太陽光発電システムの普及率は、約6.6%程。全国平均以上の日照時間を有する愛媛県内を見てもその普及率は約7.3%程しかなく、分散型電源やスマートグリッドの構築には、まだまだ太陽光発電システムの数は十分ではありません。

 

私たちは、このフリーソーラープロジェクトを進めることにより、さらに一般住宅の太陽光発電システムの普及を加速させ、分散型電源を構築することで災害に強い街づくりを目指します。そして、ゆくゆくは愛媛を中心とし、四国中の電気を「環境に優しく枯渇することのない再生可能エネルギー100%」に変えていきます。

 

住宅

 

 

日本の屋根に分散型電源の基礎を作るフリーソーラープロジェクト ~スマートグリッドに向けて~

 

お家を建てたとしても、簡単に太陽光発電を購入できる家庭ばかりではないし、現在の価格の蓄電池ならもっと困難です。

 

フリーソーラーは、発電払いなので設置者は最初から最後まで一切お金がかかりません。先ずは今年度のFIT制度を使って、太陽光発電システムの完全無料設置を行い、発電払いでおよそ9年前後には自分のものにできます。

 

設置後は、エネルギーマネージメントを行いながら、蓄電池の設置やZENリフォームを提案してスマートグリッド(賢い電力網)を構築して行きます。

 

 

デンカシンキのフリーソーラープロジェクト 【太陽光発電システム完全無料設置企画】

【リスク0の発電払い】 太陽光発電システムは良いと思うけど、ローンを組むと借金が増えるし金利もかかってしまいます。現金払いは貯金を切り崩さないといけません。デンカシンキのフリーソーラーがその問題を解決します!

 

【フリーソーラーの仕組み】 平成29年度の高価買取制度で、余った電気は1kW30円で累積されていきます。自家消費電力も同じく1kW30円を坊っちゃん電力に支払い、そちらも累積されていきます。 余った電気と使った電気の「累積価格」が「実質設置価格」に達した時点でシステムは設置者に譲渡されます。 最初から最後まで設置費用を全く支払う事無くシステムをGET出来ます!

 

 

発電について

※使った電気を坊ちゃん電力が30円で回収します。 ※余った電気も坊ちゃん電力が30円で買取ります。

 

株式会社坊ちゃん電力

 

全ての電気代を累積して実質設置価格に到達した時点でシステムを譲渡します。

 

晴れの日、昼間の発電がある時間帯 雨の日や夜間など発電のない時間帯は

 

 

【譲渡ライン達成をめざす】

実質システム設置価格(こちらも全て無料です。)

 

【譲渡期間の目安】 8年4ヶ月で譲渡

 

(例)譲渡ライン=2,284,4384円

 

シミュレーション通りだと8年4ヶ月には譲渡ラインを突破

 

フリーソーラーのシミュレーション条件は次の通り。設置面は屋根勾配30度、真南設置。
1~10年目、自家消費25%(単価30円):売電75%(単価30円)/11~20年目、自家消費25%(単価30円):売電75%(単価7円)

 

発電量は当社シミュレーション値となります。(経年による発電量の低下は考慮しておりません。)
システム引渡年月は目安であり、保証するものではございません。

 

 

実質230万円のシステムを無料設置した場合

設置者様 ※「完全無料配置」リスク0の発電払いができる。 ※契約から所有権の譲渡まで一切、現金も出さずローンも組む必要がない。 ※なんと、メンテナンスも無料

 

デンカシンキ ※230万円から27%を差し引いた170万円でシステムを販売。 ※エネルギーマネジメントと保守管理を請け負う。

 

投資家様・投資企業様 ※170万円でシステムを購入し、8年4ヶ月で230万円を得る。(表面利回りおよそ16.5%) ※基本的に維持費や管理費は必要ありません。